« 第006回「ナショナリズムI」 | トップページ | 今週の配信は木曜日です。 »

第007回「ナショナリズムII」

第007回は、宮台真司を手がかりにナショナリズムに迫ります。

前回に引き続き、ナショナリズムという言葉に対する距離感を議論していきます。今、あえて、ナショナリズムを語る意味は、あるいはナショナリズムは否定するだけでいいのか。ナショナリズム論としては、ちょっと不思議な仕方ですが、刺激的な議論になったかと思います。

「gendai007.mp3」をダウンロード

〔キーワード〕
麻疹(はしか),休講,成田国際空港,森中小三郎,社会工学,監視カメラ,顔認証,宮台真司,東浩紀,鈴木謙介,左翼,右翼,ディベート,真理の言葉,機能の言葉,

【今週のイチオシコンテンツ!】
大澤真幸編『ナショナリズム論の名著50』、平凡社、2002
ナショナリズム論の古典を、ナショナリズム論の気鋭研究者が解説する刺激的書評群!

【リンク】
東浩紀編『波状言論S改』、青土社、2005
東浩紀と鈴木謙介が、宮台真司、北田暁大、大澤真幸と現代の問題群を考える

|

« 第006回「ナショナリズムI」 | トップページ | 今週の配信は木曜日です。 »

Podcast」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/336103/6519981

この記事へのトラックバック一覧です: 第007回「ナショナリズムII」:

« 第006回「ナショナリズムI」 | トップページ | 今週の配信は木曜日です。 »