« 第025回「日本マンガ論・前編」 | トップページ | 11月11日に文学フリマ@秋葉原に出店します »

第026回「日本マンガ論・後編」

第026回は、前回に引き続いてマンガ論を考えます。

マンガを学問的に考えることの意味は何か。そして、前回の手塚治虫に引き続いて考える日本マンガ史。※諸事情があり、今回は90分を越えてしまいました。後半ちょっとダレるのも反省です。


「gendai026.mp3」をダウンロード

〔キーワード〕
定額通話,皇室,劇画,貸本漫画,団塊の世代,全共闘,団塊の世代,トキワ荘,24年組,週刊少年マンガ,

【今週のイチオシコンテンツ!】
ルソー著、桑原武夫・前川貞次郎訳『社会契約論』、岩波書店、1954年
国家と個人の関係を改めて考えるときに重要な古典

【リンク】
岡田斗士夫『オタク学入門』、新潮OH!文庫、2000年
週刊少年漫画誌の変遷がわかる年表がついています。

清水勲『年表日本漫画史』、臨川書店、2007年
漫画関連のいろんな年表がそろっています。


            メールフォームはこちら!

|

« 第025回「日本マンガ論・前編」 | トップページ | 11月11日に文学フリマ@秋葉原に出店します »

Podcast」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/336103/8569933

この記事へのトラックバック一覧です: 第026回「日本マンガ論・後編」:

« 第025回「日本マンガ論・前編」 | トップページ | 11月11日に文学フリマ@秋葉原に出店します »