« 第028回「報告 文学フリマ」 | トップページ | 第030回「ポスト個人主義を考える・1」 »

第029回「マニフェストってどういうこと?・後編」

第029回は、マニフェストの後編です。

前編では、マニフェストの理念と良い面を取り上げましたが、じゃあ、マニフェストってうまくいってるの? マニフェストが有権者にとっての選挙の判断基準となるにはどのような障害があるのか。マニフェストが思わぬ弊害をもたらす状況にはどう対処すればいいのかを考えます。

「gendai029.mp3」をダウンロード

〔キーワード〕
小沢一郎,福田康夫,大連立,民主党,自民党,政策評価,選挙戦,ローカルマニフェスト,ゆらぎ,リテラシー,わかりやすくて本気のマニフェスト,個別利害と公共性,

【今週のイチオシコンテンツ!】
佐藤優『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』、新潮文庫、2007年
外務省官僚の衝撃のノンフィクションが文庫化 単純に読んでもおもしろい

           メールフォームはこちら!

|

« 第028回「報告 文学フリマ」 | トップページ | 第030回「ポスト個人主義を考える・1」 »

Podcast」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/336103/8938875

この記事へのトラックバック一覧です: 第029回「マニフェストってどういうこと?・後編」:

« 第028回「報告 文学フリマ」 | トップページ | 第030回「ポスト個人主義を考える・1」 »