« 第033回「スポーツ文化論・1」 | トップページ | 第034回「スポーツ文化論・3」 »

第033回「スポーツ文化論・2」

第033回の後編です。

アマチュアからプロへと変貌をとげる現代スポーツ。スポーツのビジネス化がもたらしたものは何か。白熱するオリンピックや国際試合とそれに熱狂する国民たち。そして、自らもスポーツやり始める人びと。スポーツはどこへ向かうのだろうか。

「gendai033.2.mp3」をダウンロード

〔キーワード〕
プロ,アマチュア,スポーツ愛好家,ユベロス,ロスアンジェルスオリンピック,オフィシャルサプライ,広告費,独占放映権料,サーブポイント制,ラリーポイント制,テクニカルタイムアウト,クォーター,テレビ,CM,

【今週のイチオシコンテンツ!】
山際淳司『スローカーブをもう一球』、角川文庫、1985年
スポーツのノンフィクションライターの描く、独特の距離感を持ったスポーツ短編集。
西嶋のはじめての活字本です。『ナックルボールを風に』もどぞ。



            メールフォームはこちら!

|

« 第033回「スポーツ文化論・1」 | トップページ | 第034回「スポーツ文化論・3」 »

Podcast」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/336103/9479900

この記事へのトラックバック一覧です: 第033回「スポーツ文化論・2」:

« 第033回「スポーツ文化論・1」 | トップページ | 第034回「スポーツ文化論・3」 »