« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

第034回「スポーツ文化論・4」

スポーツ文化論、後半の後半です。

スポーツと政策をめぐり西嶋とまりんの意見が対立。小さな政府をめざすまりんは国が音頭をとってスポーツ振興にお金を落とすことには否定的であり、対する西嶋はスポーツをする権利を考える。まだ勉強不足のこともあり、議論がやや錯綜しますが、みなさんもいっしょに考えてみてください。


「gendai034.2.mp3」をダウンロード

〔キーワード〕
メタボリックシンドローム,社会保険,生権力,フーコー,スポーツをする権利,指定管理者,スポーツNPO,

【今週のイチオシコンテンツ!】
スティーヴン・D・レヴィット、スティーヴン・J・ダブナー著, 望月衛訳 、『ヤバい経済学』、東洋経済新報社、2007年
ヤバい事例をもとに、経済学の考え方を、超有名学者が解説!

            メールフォームはこちら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第034回「スポーツ文化論・3」

第034回は、スポーツ文化論の後編です。

スポーツ文化はどこへ行くのか。箱モノ行政、官立民営化、指定管理者というスポーツと行政とのかかわりからスポーツ文化をみていきます。現代におけるスポーツ、ひいては体をつかうことの意味んを探ります。

「gendai034.1.mp3」をダウンロード

〔キーワード〕
年末,レポート,院政,白河,鳥羽,裁判,模擬授業,火垂るの墓,ジブリ,野坂昭如,スポーツ,箱モノ行政,官立民営化,指定管理者,

            メールフォームはこちら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第033回「スポーツ文化論・2」

第033回の後編です。

アマチュアからプロへと変貌をとげる現代スポーツ。スポーツのビジネス化がもたらしたものは何か。白熱するオリンピックや国際試合とそれに熱狂する国民たち。そして、自らもスポーツやり始める人びと。スポーツはどこへ向かうのだろうか。

「gendai033.2.mp3」をダウンロード

〔キーワード〕
プロ,アマチュア,スポーツ愛好家,ユベロス,ロスアンジェルスオリンピック,オフィシャルサプライ,広告費,独占放映権料,サーブポイント制,ラリーポイント制,テクニカルタイムアウト,クォーター,テレビ,CM,

【今週のイチオシコンテンツ!】
山際淳司『スローカーブをもう一球』、角川文庫、1985年
スポーツのノンフィクションライターの描く、独特の距離感を持ったスポーツ短編集。
西嶋のはじめての活字本です。『ナックルボールを風に』もどぞ。



            メールフォームはこちら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第033回「スポーツ文化論・1」

第033回はスポーツを考えます。

プロ・アマチュア・愛好家…、現代のスポーツにはいろいろなかかわり方や捉え方があるけれど、それはそもそもどのような文脈で出てきたのか。スポーツとはそもそもなんなのか。スポーツの歴史を振り返りながら、その本質をさぐります。西嶋とまりんのスポーツ歴も明らかになります(笑

「gendai033.1.mp3」をダウンロード

〔キーワード〕
ゼミナール大会優勝,通信と放送の融合,スポーツ,クラブ,アマチュアリズム,職業スポーツ,フェアプレー,スポーツマンシップ,ジェントルマン,ブルジョアジー,職業差別,近代スポーツ,

※西嶋が立命館大学文学部ゼミナール大会で優勝(最優秀個人賞受賞)しました。
論題は第020回「民俗芸能の系譜学」のテーマが中心となったもので
「大川平荒馬踊りはなぜ半纏を羽織ったのか 民俗芸能をめぐるまなざし」です。

            メールフォームはこちら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第032回「Podcast Summitから考える」

第032回は、先週の日曜日に行ってきたポッドキャストサミットというイベントから、今のポッドキャスト界のことを考えてみた、イベント感想特別回です。

ポッドキャストという新しいメディアによって生まれたポッドキャスター。そのポッドキャスターが集まるイベント、ポッドキャストサミット。そんな現代だからありえた人と人との繋がりがどのように展開していくのか。非常に気になるところですが…。ポッドキャストのイベントはいったいどこに向かうのか。社会派ポッドキャスターとして考えてみました。

「gendai032.mp3」をダウンロード

〔キーワード〕
アップルストア銀座,stickam,mixi,podcast,シンポジウム,エンターテイメント,インタビュー,

※今回は特別回で、第033回「スポーツ文化論」も既に収録してあります。近日配信予定ですのでよろしくおねがいします。

過去放送でポッドキャストを扱ったものは以下のものです。

■第009回「Podcastメディア論」

■第010回「公共政策・Podcast補論」

           メールフォームはこちら!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Podcast Summit #4 に行ってきました!

どうも、西嶋です。

去る12月9日(日)、銀座のアップルストアで開催されたポッドキャストサミットというイベントに行ってきました。これは、アップルの公式イベントというわけではなく、Podiumさんらを中心に行われるポッドキャスター達による自主的なイベントです。しかし、Stickamでのライブ中継や会場の機器設営などもかなりのもので、すごく面白かったです。こんなイベントができるポッドキャスターさんたちと今後もお付き合いできたらいいですね。

私も、サミットの最初のコーナーである「Machinegun Talk」の5番目に出演してます。1分間で宣伝しなければならず、何も考えてなかったのであせりました。テンパリ具合をチェックしてみてください。

▼Podcast Summit #4 前半(西嶋が9分20秒から約1分間出演)



▼Podcast Summit #4 後半



| | コメント (0) | トラックバック (0)

第031回「ポスト個人主義を考える・4」

第31回の後編です。

イチオシコンテンツとメールを紹介しながら、ポスト個人主義を論じるを振り返ります。

「gendai031.2.mp3」をダウンロード

【今週のイチオシコンテンツ!】
フィリップ・コトラー、ナンシー・リー『社会的責任のマーケティング』、東洋経済新報社、2007
経営と社会的責任の両立は可能か、豊富な具体例を紹介します

【リンク】
海の見える街
リスナーのシーサイドシティーさんが運営するサイト
セカイ系に対する考察から時事ネタまで扱っているようですよー



  メールフォームはこちら!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第031回「ポスト個人主義を考える・3」

第031回も引き続き、個人と公共性について議論します。

人びとが政治に参加するためには、まず自らが所属する集団、自分の属性を明らかにし、利害関係を明確化する必要がある、という西嶋。現代におけるパトリオティズムに可能性はあるのだろうか。21世紀の政治を行う主体とはいったいどこにあるのだろうか。

「gendai031.1.mp3」をダウンロード

〔キーワード〕
フィールド・ワーク,秩父夜祭,podcast summit#4,渡辺行政改革担当大臣,パトリオティズム,全員参加型政治,連帯,パターナリズム,再生産,保守とリベラル,

Podcast Sumit #4
12/9 15:00-19:00 @AppleStore銀座店
ポッドキャストについて考えるトークイベント。誰でも入場できるようなので、東京近郊で興味があるかたはぜひ行ってみてください。有名ポッドキャスターも多数参加します。
西嶋も行ってみますよー。

           メールフォームはこちら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »