« 第040回「昭和史論争から歴史を問う・1」 | トップページ | 第041回「メール特集・1」 »

第040回「昭和史論争から歴史を問う・2」

続きです。

昭和史論争から巻き起こった、歴史叙述の問題。人間不在の歴史、そして歴史家の主体性。その問題から、現在の歴史家のポジショナリティーを考えます。

「gendai040.2.mp3」をダウンロード

〔キーワード〕
遠山茂樹,亀井勝一郎,岩波新書,メタヒストリー,史学史,昭和史論争,日本史,マルクス主義,大きな物語,歴史教科書,通史,社会科学,客観性,科学性,人民闘争,

【今週のイチオシコンテンツ!】
松本健一『詳解現代論争事典』、流動出版、1980年
現代に起きた数々の論争を収録。手元においておきたい一冊。
※絶版ですので、「日本の古本屋」などでお探しください。



          メールフォームはこちら!

|

« 第040回「昭和史論争から歴史を問う・1」 | トップページ | 第041回「メール特集・1」 »

Podcast」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/336103/11114791

この記事へのトラックバック一覧です: 第040回「昭和史論争から歴史を問う・2」:

« 第040回「昭和史論争から歴史を問う・1」 | トップページ | 第041回「メール特集・1」 »