« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

最高のうどん

(マリン)

とにかくうどんが好き!マリンです。

この春には、うどんの聖地・香川まで、聖地巡礼の旅に行って参りました。本場の讃岐うどんは、麺がつるつるでコシもあって、すっごくおいしかったです。でも、いま僕がいちばん気に入っているうどん屋さんに適うお店はなかった!ゲンダイモンダイでもちょくちょく話が出ている池袋の超名店を、今日は満を持してご紹介しまっす!

その名は、武蔵野うどん うちたて家」だ~!

武蔵野うどん、って初めて聞いた方も多いと思います。僕もこの店で初めてその存在を知ったのですが、これがすっげーうまい。固めの麺をつけ汁に食べていただくのが基本です。ふつうのうどんになれている人には、麺がかなり固く感じられるはず。でも、その麺をじっくり噛んでいくと、うどんの味がじわっと出てくる。お店には、「噛めば噛むほど味が出る」という標語が掲げられているんですが、ほんとにその通り。うどん観が変わります。

つけ汁の種類は豊富で、「肉汁」、「かも汁」、「ピリ辛つくね汁」などなど。僕の一番のオススメは、「ピリ辛つくね汁」。ピリ辛といってますが、これがけっこう辛い。つくねはやわらかくておいしいです。

「うちたて家」で検索してみたらけっこう引っかかりました。その一つにこんな記事が↓ すごい誉めてますね。お店へのアクセスも書いてあります。

http://allabout.co.jp/gourmet/udon/closeup/CU20020929uchit/

実はこのお店、僕の相方の西嶋さんも大のお気に入り。ゴールデンウィーク中に彼女と一緒に行くそうなので、運がよければ西嶋カップルに会えるかも! 西嶋は坊主頭にヒゲが目印。会ったらいじめちゃってくださいw 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朝日・読売vs日経―世論調査真っ二つ―

(マリン)

こいのぼりLOVE! マリンです。

 4月、5月って春の風が気持ちよくて、空も青いし高いし、最高の季節ですー。こいのぼりがパタパタ泳いでいるのを見ると、ますます気分いいです。あと、こいのぼりの顔も好きなんですよね。「僕なんも考えてませーん、ぱたぱた」って感じ。それに比べると五月人形はいかついですよね。「気合いの塊」って感じで暑苦しいわぁー。あんなのを居間に飾られた日にはたまらん。どちらも端午の節句のメーンキャラですが、僕は断然こいのぼり派ですね。ぱたぱた~。

 こいのぼりの爽やかさに比べて、どろどろーんとしている日本政治についてちょっと書きます。昨日のゲンダイモンダイのニュースのコーナーで触れた「衆院山口二区補選」について追記です。収録で「世論は暫定税率復活に対して意外に肯定的」と言いました。そのときソースにしたのが、4月21日の日経朝刊に掲載された世論調査(4月18-20日実施)です。その調査によれば、復活容認論が49%で、撤廃論の42%を上回ったとのことでした。

 でも、今日の朝日新聞の朝刊を見ると、山口2区補選について「税率復活に7割が反対―出口調査」という記事が。それで気になって少し調べてみると、朝日の世論調査では、全国でも「暫定税率の再可決反対」が63%だったそうです。 日経と朝日の世論調査の違いはNANDA? これはさらに調べないかんと思い、読売の世論調査についても調べてみました。 読売の4月15日朝刊に掲載された世論調査(4月12-13日実施)は、暫定税率復活「賛成」が30%、「反対」が61%でした。

 まとめると、朝日・読売では「復活反対」が多数、日経では「復活賛成」が多数と割れています。山口の結果などを参考にすると、やはり世論は「復活反対」になびいているようです。 ・・・ちょっと長くなったので今日のエントリーはこの辺にして、明日のエントリーでは、マリン視点から暫定税率復活の是非ついて論じてみたいと思いマース。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

第044回「日本は安全か・1」

第044回は、ゲンダイモンダイ初めてのゲスト、シーサイドシティーさんをお迎えして、日本の安全について考えます。

体感治安の悪化が叫ばれる今日、果たして本当に私たちの安全は脅かされているのか。そして、体感治安の悪化の原因と、それによって引きおこされるものはなにか。刑事政策を学んだシーサイドシティーさんとともに、西嶋とまりんが考えていきます。

「gendai044.1.mp3」をダウンロード

【リンク】
ゲストのシーサイドシティーさん関連のサイトの紹介です。

海の見える街
シーサイドシティーさんの親サイト。
こちらからシーサイドシティーさんの活動の全貌が伺えます。

SoK Broadcasting System
シーサイドシティーさんが運営するPodcast。
セカイ系やギャルゲーに関する論評からネタ、時事評論まで扱っておられます。


         メールフォームはこちら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第043回「2年目企画会議・2」

引き続き今年度のゲンダイモンダイを考えます。

西嶋とまりんの興味関心がどのように展開しているのか。新年度が始まり、お互いに新たな勉強を始め、それがどのように展開できるのか。リスナー参加企画やゲストの投入なども視野に入れつつ考えていきます。

「gendai043.2.mp3」をダウンロード

〔キーワード〕
ねじれ国会,衆議院議員総選挙,人事,リーダーシップ,博覧会,文化財保護法,社会保障,規制緩和,小さな政府,地方行政,

【今週のイチオシコンテンツ!】
高橋洋一『さらば財務省!』、講談社、2007年
財務省の異端児、竹中平蔵のブレーンの書く、財務省の実態!

         メールフォームはこちら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第043回「2年目企画会議・1」

第043回は、1周年を迎えたゲンダイモンダイの二年目を考えます。

ゲンダイモンダイも無事に一周年を向かえ、二年目に突入。昨年のテーマを振り返りつつ、新年度に向けて、西嶋とまりんそれぞれの興味関心や今後取り上げたいテーマなどについて議論していきます。

「gendai043.1.mp3」をダウンロード

〔キーワード〕
立命館大学,生命科学部,転籍,山口県,衆議院議員補欠選挙,自民党,民主党,バックナンバー,2007年,

         メールフォームはこちら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第042回「日本銀行ここが問題だ!・2」

つづきです。

日本銀行の人事案をめぐる自民党と民主党の対立。果たしてそれは実りのあるものなのか。民主党の人事案反対の論理と、日本銀行と政府の距離、そして日本銀行の役割について議論を深めます。

※途中機材のトラブルで、後半部は別撮りとなりました。

「gendai042.2.mp3」をダウンロード

【キーワード】
日本銀行,自民党,民主党,財政と金融の分離,柳田国男,マンガ喫茶,セカイ系,東浩紀,

【今週のイチオシコンテンツ!】
菊地暁『柳田国男と民俗学の近代』、吉川弘文館、2001年
柳田が見つけた「日本」という伝統の創造の過程をあえのことという事例から描く快著。

         メールフォームはこちら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第042回「日本銀行ここが問題だ!・1」

第042回は、日本銀行問題を扱います。

日銀総裁の人事案をめぐり、自民党と民主党が対立。民主党は、なぜ自民党の人事案に反対しているのだろうか。そもそも日銀総裁とはどのような役割を持つのだろうか。この騒動をきっかけに、日銀についてもういちどよく考えてみよう。

「gendai042.1.mp3」をダウンロード

〔キーワード〕
一周年,青森,マンガ喫茶,村,セカイ系,讃岐うどん,香川,日本銀行総裁,財務省,大蔵省,官僚,政府,日銀の独立性,財政と金融の分離,

        メールフォームはこちら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »